海外旅行でAirbnbに泊まろう!物件を選ぶ際のチェックポイントは?

海外旅行でAirbnbを利用しよう!物件を選ぶ際のチェックポイントは?イベント

海外旅行で安く泊まれて地元の人とも交流できる場所といえば「Airbnb」のリスティング(物件)です!

地元の人が部屋を貸し出してくれるAirbnbはホテルと違って、まるでその街に住んでいるかのような感覚で旅を楽しめます。

しかし「一度は泊まってみたい!」と思っている人の中には「トラブルが起きたらどうしよう」「危険はないのかな…」と不安を抱いている方もいるはず。

そこでこの記事では、海外旅行でAirbnbに泊まる際にどこに気を付けて物件選びをしたら良いのか、チェックポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

チェックインの方法はわかりやすく書かれている?

Airbnbのトラブルでよく聞くのが「チェックイン時」のトラブルです。

というのもAirbnbの物件はホテルとは違って、フロントがあるわけでもなく、係の人がずっと到着を待っていてくれわけでもありません。

そのため、自分でチェックインをして部屋の中に入る場合も多いのですが、ここで「」の受け渡し方法が重要なポイントになってきます。

筆者がこれまで泊まったAirbnbの物件でも、鍵の受け渡し方法は様々でした。

運が良ければホストの人が温かく迎えてくれるのですが、ホストの人も仕事や用事があったりするので、自分で鍵のありかを見つけなければいけないこともあります。

鍵のありかも様々なパターンがあり、ポスト、郵便受け、玄関マット、植木鉢などなど。

事前に確認をしておかなければ玄関が開けられず物件の前で途方に暮れる羽目になります。

こういったことからAirbnbでとても重要なのが、到着前に「チェックインの方法」を確認することです。

予約の際には、チェックインの方法がわかりやすく明記されている物件を選ぶのが良いですね。

スポンサーリンク

ホストの人はどこに住んでいる?

Airbnbにはいくつかの「部屋タイプ」がありますが、ホストの人がゲストが泊まる建物に住んでいる「家主同居型」と別の場所に住んでいる「家主不在型」に大別できます。

自分が思い描いた通りのAirbnb滞在にしてトラブルを未然に防ぐためにも、ホストの人がどこに住んでいるのかは事前に把握しておくのがおすすめです。

例えば女性一人旅の場合、男性が住んでいる家に泊まるのは不安ですよね。

あるいは地元の人と交流がしたくてAirbnbを選んだのに、ホストの人が別の場所に住んでいた場合、ほとんど交流もできずチェックアウトとなってしまうかもしれません。

海外旅行先でチェックインしてから「え、こんなつもりじゃなかった」という残念な展開にならないためにも、物件選びの際にはホストのプロフィールもチェックして「ホストの人がどこに住んでいるか」を確認しておくのがおすすめです。

共用エリアの使用ルールは?

これもホストとゲストの間でトラブルになりやすいポイントの1つです。

Airbnbは一般の方のお宅に泊まれる物件が沢山ありますが、旅行者であるゲストが使っていい設備や入っていいエリアはどこまでなのかを必ず確認しましょう

具体例としては時々「キッチンの使用をご遠慮ください」としているホストを見かけます。

それを知らずにちょっとくらい大丈夫だろうと思ってキッチンを使ってしまうと、Airbnbの本部にクレームを入れられたりと嫌な思いをすることになってしまうかもしれません。

もし自分がホストの立場だったことを考えても、自宅のキッチンなどを我が物顔で使われるのはいい気がしませんよね。

ホストによって決めている共用エリアの使用ルールが結構異なるので、物件ごとにしっかりチェックすることが重要です。

【まとめ】海外旅行でAirbnbに泊まる時には物件選びが重要!

Airbnbは使い慣れると安く泊まれてホテルよりもその国の生活を肌で感じられる素晴らしい滞在先です!

お金を払っているとはいえ、ホテルとは違い基本的には個人対個人のお付き合いになるので、楽しい滞在にするためにはちょっとした気遣いが必要。

とはいっても緊張したり委縮する必要はなく、この記事で紹介したチェックポイントをしっかり確認してホストや物件を選べばほぼ問題は起こらないと思います。

ホストの方も旅人を受け入れてくれるということは、あなたのような旅人の訪問を楽しみにしているはず。

お互いに気持ちの良い滞在にして、Airbnbが海外旅行の素敵な思い出の1つになるといいですね。

イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぽんちえ
タイトルとURLをコピーしました