【要確認】ドコモ口座の不正利用被害を確認する方法!今後の自衛対策は?

【要確認】ドコモ口座の不正利用被害を確認する方法!今後の自衛対策は?時事

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用して、銀行の預金を何者かに勝手に引き出される被害が問題になっていますね。

今回の事件の怖いポイントは、ドコモの携帯を使っていない人も、ドコモ口座を開設したことがない人も、被害に遭っているという点です。

自分は全く無関係だと思っていたのに、知らないうちに被害に遭っているかもしれないのは怖いね…。

そこで今回は、ドコモ口座の不正利用被害に遭っていないかを確認する方法をまとめました。

スポンサーリンク

ドコモ口座の不正利用被害を確認する方法

①自分が持っている銀行口座がドコモ口座の連携銀行か確認

まず、自分の持っている口座が下記の銀行に当てはまるか確認してください

みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、伊予銀行、池田泉州銀行、愛媛銀行、大分銀行、大垣共立銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、静岡銀行、七十七銀行、十六銀行、スルガ銀行、仙台銀行、ソニー銀行、但馬銀行、第三銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中国銀行、東邦銀行、鳥取銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、肥後銀行、百十四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行、みちのく銀行、琉球銀行

今回の不正利用事件は、ドコモ口座のサービスと連携している35の銀行で起きる可能性があります。

②預金通帳やネットバンキングで怪しい引き落としがないか確認

自分の持っている口座が上記銀行に該当する場合、預金通帳やネットバンキングで履歴を確認してください

もし身に覚えのない「ドコモコウザ」や「デイーバライ」といった名義による引き落としがあった場合、不正利用の被害に遭った可能性があります。

引き落とし日のあたりで、ドコモ口座や「d払い」のサービスを使った方は、その引き落としがご自身の利用によるものかよく確認してください。

③不正利用被害が疑われる場合は銀行とNTTドコモに問い合わせる

身に覚えない引き落とし履歴があった場合は、銀行とNTTドコモに問い合わせることをおすすめします。

被害を最小限に抑え、対応を的確かつスムーズに行うためにも、銀行とNTTドコモの両方に問い合わせをすることが重要です。

スポンサーリンク

今後の不正利用を防ぐ自衛対策法は?

ドコモ携帯やドコモ口座と全く関係がない人にも被害が及んだ今回の事件ですが、不正利用を防ぐにはどのような自衛対策をしたら良いのでしょうか?

ドコモ口座の不正利用の手口はまだ解明中ですが、犯人は何らかの方法で銀行口座の「名前」や「口座番号」「生年月日」「暗証番号」などを手に入れて悪用したとみられています。

今後の不正利用を防ぐ自衛対策法
出典:news.yahoo.co.jp

このことから私たちが日頃からできる自衛対策として、以下のような手立てが考えられます。

  • 口座名や口座番号は安易に教えない
  • 暗証番号は定期的に変える(3ヵ月ごとなど)
  • ネットバンキングは2段階認証などを使う

情報社会の現代において、残念ながら情報が漏れないことはあり得ません。

個人情報は常に「漏れている」と考えた上で行動することが重要になってきます。

スポンサーリンク

ドコモ口座の不正利用を確認した人の声

時事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぽんちえ
タイトルとURLをコピーしました