スマホで写真の腕を上達させるには?たった一つの設定で劇的に撮影上手に!

スマホで写真の腕を上達させるには?たった一つの設定で劇的に上手に!写真

「スマホでよく写真を撮るけど似たような写真ばかり」「どうも映える写真が撮れない」といった悩みを感じたことはありませんか?

写真を撮る機会が多ければ多いほど、もっと素敵な写真を撮りたい!と思う機会も多いはず。

ここでは、写真の腕を上達させるのにとても有効なスマホの機能「グリッド表示」を紹介します。

スポンサーリンク

スマホで写真の腕を上げるには「グリッド」を活用しよう

グリッド」とは撮影のプレビュー画面に表示できる垂直・水平に引かれた格子状の線のことです(正確には格子で囲われた領域を指します)。

最近ではiPhoneでもAndroidのカメラアプリでも、グリッド表示ができる機種がほとんどだと思います。

機種にもよりますがグリッド線の本数や比率を選択できる場合は、画面が9つに均等分割される3×3のグリッド表示がおすすめです。

というのも3×3のグリッド表示は、写真撮影で基本的な構図のひとつである「三分割法」を実践する時の目安となるからです。

上達するためのグリッドの使い方

「三分割法」というのは、画面を縦横に3分割し、その分割線の交点または線上に被写体を配置する撮影テクニックのことです。

つまり、3×3のグリッド表示をした上で、グリッド線の交点や線と被写体の位置関係を合わせることで、初心者でも簡単に写真の腕が上達するという優れものなのです。

また、水平に引かれた横の線と地平線・水平線を合わせるように意識することによって、微妙に傾いた風景写真や記念写真ともおさらばです。

この三分割法は一見シンプルなテクニックですが、実は奥が深く、突き詰めていけば相当写真の腕が上がっていきます。

ただ、三分割法はあくまで1つのテクニックなので、必ずしもこの線を守らなければいけないというものではなく、撮影者の意図に合わせてずらして撮っても全く問題ないので、かたく考えすぎないことも大事ですね。

まとめ

もしかしたらこの記事を読んで、スマホカメラのプレビュー画面に前からグリッド線が表示されていたことに初めて気づいた方もいるかもしれません。

使わなければ意識しないくらい存在感の薄いグリッドですが、使い始めるととーっても便利な機能であることに気づくはず。

たった一つの設定を変えて、意識するようになれば、誰でも写真の腕が上達するのでぜひ今日からはデフォルトでグリッド表示を使ってみてくださいね!

写真
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぽんちえ
タイトルとURLをコピーしました