マスクの色で効果や性能は違う?色付きの意味や印象の違いを比較!

マスクの色で効果や性能は違う?色付きの意味や印象の違いを比較!生活

最近は外へ出るとマスクをしている人が多いですよね。

マスクと言えば白色が一般的だったのですが、色付きのマスクが若者を中心に増え始め、ファッションの一部のようになっている傾向があります。

様々な色のマスクが発売されるようになり、色によって効果や性能が違うという声も上がっているようです。

今回は、マスクの色で効果や性能は変わるのか?何で色が付いているのか、色付きマスクの印象の違いなど比較してみました!

スポンサーリンク

マスクの色で効果や性能は違う?

マスクの機能効能の違い
出典:ado1.xyz

マスクの色で効果や性能が違うという気になる噂があるようなので、調べてみたところ、色によって効果や性能が変わる事は一切ないという事でした。

何となく病院で使われているサージカルマスクと言われるブルーのものやピンクのマスクは、医療関係者が付けているという事で細菌効果が高いと思いがちですよね。

ですが、本来マスクの意味は感染を防ぐものではなく、自分が菌を撒かないという意味でつけるものなので、マスクで感染予防は出来ないようです。

ですが、新型コロナウィスルスのように症状がなく感染している場合もありますので、みんながマスクをするという事は意味がありますよね。

スポンサーリンク

色付きマスクの意味はなに?

色付きマスクの意味
出典:shin-shouhin.com

韓国の芸能人が黒いマスクを付けていた事をきっかけに、日本でも黒いマスクブームになり、最近では黒いマスク以外にも色付きマスクが人気ですよね。

そんな色付きマスクに意味があるのか調べてみると、特に意味はなくマスクをファッションとして取り入れている人がほとんどのようです。

また女性の場合は、スッピンを隠す為に使っている人も多く、本来のマスクの意味とは別の意味で使用している人が多いようですね。

色付きマスクの印象の違いを比較!

色付きマスクの印象の違い
出典:shin-shouhin.com

一昔前のマスクは、白色が当たり前で医療関係者がつけていたり、風邪をひいている人が付けるものでした。

ですが、今のマスクはカラーバリエーションが豊富で、付けるマスクによって印象が変わるなんて言われています。

そんな今話題となっている色付きマスクの印象の違いを比較して見ましょう!

「白色」マスクの印象

白色マスクの印象
出典:search.yahoo.co.jp

一般的なマスクと言えば、やはり白色を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?

昔からのイメージが白色のマスクにはあって、「病気の人」「病院」や季節によっては「花粉症」などのイメージがありますよね。

つまりファッションで付けると言うより、病気の人かその予防をする為に付けているのが白色マスクの印象です。

「黒色」マスクの印象

黒色マスクの印象
出典:cherry0704.com

初めて色付きマスクとして浸透したのが韓国の芸能人が付け始め話題となった黒色マスクになります。

瞬く間に日本でも黒色マスクが若者を中心に流行り始めましたよね。

黒色マスクには、竹炭が使用されていて、消臭や脱臭効果が高いと言われています。

そんな黒色マスクの印象は、「カッコイイ」「クール」といったちょっと近寄りがたいイメージがありますよね。

また女性には嬉しい小顔効果や肌色を明るく見せてくれる美肌効果もあります。

「ピンク色」マスクの印象

ピンク色のマスクの印象
出典:askul.co.jp

まだそれほど浸透していないピンク色のマスクですが、女性を中心に広がりを見せているようですね。

ピンク色マスクは、やはり「可愛い」「女性らしい」という印象があります。

また、実験でピンク色マスクを付けている女性は魅力的に見えるという結果が出ているようなんです!

逆に男性がすると、「女性っぽい」「弱そう」という印象になりすよね。

「青色」マスクの印象

青色マスクの印象
出典:askul.co.jp

青色マスクと言えば、やはり思い浮かべるのは、「病院」でないでしょうか?

医療機関で働いている人が青色のサージカルマスクを付けている事から、「病院」「医者」などのイメージが青色マスクには強いですよね。

また青色には「冷静」「清潔」「爽やか」という印象を与える効果もあります。

色付きマスクは学校や職場でOK?

色付きマスクは学校や会社で禁止
出典:lab.pasona.co.jp

インフルエンザや花粉症の季節になるとマスクをする人が急増しますが、色付きマスクは学校や職場でOKなのでしょうか?

色付きマスクだけではなく、会社によっては白色のマスクですら病気ではない限り禁止している企業も多いようです。

それは古くからの風潮がまだ残っていてマスク越しに人と話をするのは「失礼」「マナー違反」などと思う人が多いようですね。

接客業や営業といった人に接する機会の多い会社は未だにこの風潮が残っているようです。

ただ、近年では咳エチケットという言葉があるように、ウイルスの飛散を防止するために有効なのがマスクの着用と言われています。

体調の悪い場合のみマスクの着用が認められる企業も徐々に増えてきましたので、色付きマスクの着用はまだまだ認めている企業は少ないでしょうね。

また学校などでは、校則などでバラつきはありますが、マスクを禁止している所も多く、着用する場合は届けを出さないといけないという学校もあるようです。

色付きマスクがダメなのではなく、マスク自体が禁止という会社や学校が多いようで驚きですよね。

スポンサーリンク

まとめ|色付きマスクの意味や印象の違い

豊富なカラーバリエーションマスク
出典:Twitter

今回は、マスクの色で効果や性能は違うのか、色付きの意味や印象の違いを調べてみました。

マスクの色で、効果や性能が変わる事はなく、白色のマスクと同じだという事がわかりましたね。

ただ、マスクの色によって印象の違いは様々で、与えたい印象により使い分ける人も少なくないようですよ。

色付きマスクは、風邪の予防などで付けるというよりもファッションの一部として楽しんでいる人が多いようです。

今後は、もっとたくさんのカラーバリエーションのマスクをした人が街に増えるかもしれませんね。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
ぽんちえ
タイトルとURLをコピーしました